HOME > 北新の工法 > 偏芯ビット工法

偏芯ビット工法(特許取得)

偏芯ビット工法は

  1. 削孔深度まで削孔する。
  2. 削孔ロッド ビットは抜かず
  3. ロッド及びビットの内部を通してアンカー材を挿入
  4. 注入とロット抜きを同時に行い
  5. ビットの後退部の孔内にグラウト材を圧入する。
  6. ロットを低速回転しながら抜き
  7. ビット偏芯孔でアンカーが孔内のグラウト材を攪拌する。
  8. グラウト材がアンカーの周囲に充填される。

施工順序の説明

三方バルブ付きスイベル、チューブロッド、偏芯ビットを介しトップハンマー一方方式で削孔する。
三方バルブ付きスイベル、チューブロッド、偏芯ビットを介しトップハンマー一方方式で削孔する。

所定深度削孔後、チューブロッドを抜かずロッドとスイベルを解き離す。
所定深度削孔後、チューブロッドを抜かずロッドとスイベルを解き離す。

チューブロッド、ビット内を通しアンカーボルトを挿入する。
チューブロッド、ビット内を通しアンカーボルトを挿入する。

スイベルとチューブロッドを継ぎ、三方切替えバルブをグラウト材注入に切り替える。チューブロッドを回転し注入と引き抜きを同時に行う。ビット前孔内体積とグラウト材体積(係数別途)注入量を等しい速度でチューブロッドを抜き取る。
スイベルとチューブロッドを継ぎ、三方切替えバルブをグラウト材注入に切り替える。チューブロッドを回転し注入と引き抜きを同時に行う。ビット前孔内体積とグラウト材体積(係数別途)注入量を等しい速度でチューブロッドを抜き取る。

偏芯ビット工法の長所

  1. 削孔孔内に偏芯ビットが孔口を抜けるまでグラウト材が連続加圧され、孔内に空間時なく充填され孔壁の崩壊を防止する。
  2. 偏芯ビットを貫通するアンカーが、孔内のグラウト材を偏芯ビットの回転で攪拌するため、アンカー材の周囲をグラウト材が密に付着充填される。
  3. 孔壁と連続する狭い空間でも、グラウト材が効率よく浸透する。
  4. 削孔後、間もなく挿入・注入工程になりビット径でビットの前面の有水を防止、グラウト材の配合変化を生じない。
  5. 構造が簡素で削孔効率が良く。孔曲がりしない。
  6. ビットの偏芯孔が大径で孔底方向のためフラッシングエァーの流速が遅く、孔壁をフラッシングエァーで崩壊する事なく削孔できる。孔になりやすい。

偏芯ビットの短所

  1. 削孔チューブロッドの抜き取り時間が、グラウト材注入により速度が遅くなる。
  2. 削孔径に対し、スペーサーなど大径の材料が貫通しない。(前記(2)の長所がある)
  3. 削孔時の回転力を若干必要とする。

偏芯ビット

  1. 削孔径と偏芯孔径
ビット径 65Φ 70Φ 86Φ 92Φ 100Φ
偏芯孔 27Φ 27Φ 32Φ 34Φ 42Φ

偏芯ビット

偏芯ビット

102Φ 92Φ 89Φ 70Φ 66Φ
ビット径 102Φ 92Φ 89Φ 70Φ 66Φ

偏芯ビット

D32 102Φ D29 90Φ D25 86Φ D22 70Φ D22 66Φ D19
鉄筋径 D32 D29 D25 D22 D22 D19
ビット径 102Φ 90Φ 86Φ 70Φ 66Φ  
ページトップへ