クライマードリル工法

クライマードリルの取扱説明

クライマードリルは法面や斜面等、削孔機の搬入が困難な場所や作業台(足場)を必要とする場所に於いて施工する時、簡単に搬入組立が出来又作業足場無くして施工出来る機械です。

クライマードリルは、穿孔機が昇降軌道上を、昇降軌道が横行軌道上を移動して任意の位置に穿孔することが出来ます。

施工に当たって搬入組立、施工、分解搬出には、次にあげる作業方法、注意事項を守って作業をする。

注意事項は作業順序説明中、※印で記してあります。

作業順序

(1)設置及び組立て

01
横行軌道を設置するに当たっては、昇降軌道の上部に設置、また下部に設置するか決める。

横行軌道を設置するに当たっては、昇降軌道の上部に設置、また下部に設置するか決める。

02

横行軌道は軌道ブラケットを使用して設置する。
※軌道ブラケットは穿孔機の基礎となるのでしっかりと固定する。

03
写真が入ります

横行軌道を昇降軌道の下部に設置した時は、昇降軌道設置以前に昇降軌道の上端部に倒れ防止の張りをとる。
※倒れ防止張りは、法枠の水抜き孔を通して取るか、ない時はアンカーを設け張りを取りつける。

04
写真が入ります

横行台車と昇降軌道(2m)1個を組み横行軌道上に乗せ、穿孔機台車を軌道に組む。
※穿孔機台車のみで、ガイドセル、ドリフター等は組み込まない。
※クレーン等吊り上げ可能な場合は(4)~(7)の順を省き、昇降軌道と穿孔機アッセン(ドリフター位置ガイドセル最前部にする)を横行軌道上に設置する。

05

斜長に合わせ昇降軌道を継ぎ足し(全長8m以上)上部下部に張りを取りつける。
※昇降軌道を継ぐときは接続金具を一杯に差し込み抜け防止ボルトをしっかりと締める。

06

チェンブラケットを昇降軌道上部桟に組合わせチェンを穿孔機に噛み合せる。

07

穿孔機を組立る。
組立後ガイドセルをレバーブロックで削孔角度にする。

写真が入ります 写真が入ります

(2)移動と穿孔

01

ドリフターをガイドセルの最前部の位置に、穿孔機を昇降軌道の最下部に位置する。

02

昇降軌道上部と下部(横行台車)に横移動用張りを取りチルホール(ウインチ)等で削孔位置まで横移動する。
※移動後は倒れ防止張りを取る。

03

昇降コントロールバルブで穿孔機を削孔位置に移動チェンで固定する。

04

昇降軌道線の各々削孔位置を穿孔後、落下防止金具を起こし穿孔機を昇降コントロールバルブで昇降軌道の最下部まで下ろす。

05

落下防止金具を倒す。

06

ロックツールを外しドリフターをガイドセル最前部までコントロールバルブで出す。
以下(1)~(6)まで

07

斜面上段に移動時は、昇降軌道を上段斜面まで継足し上部で張りを取る。穿孔機を下段斜面上部で固定後、チェンブラケットの位置を、さらに上部に位置変えして穿孔機を上段に移動する。

08

下段斜面上の昇降軌道を取外し、上段の横行軌道の位置になる、昇降軌道に横行台車を組み横行軌道に載せる。

09

斜面下段移動は逆の順序で穿孔機を下ろす。

ページトップへ